株式会社花の海
About production
株式会社花の海株式会社花の海

INDEX / 施設紹介

 高度な栽培管理で進化した苗作り 

良質な苗の安定供給を実現

複合環境制御装置、ムービングプールベンチ、電照設備、発芽・養生室、ドラムシーダーなどを導入し技術と専用設備を融合した高度な栽培管理で、良質な苗の安定供給を実現しています。高度化・多様化するお客様のご要望にお応えするため、さらなる品質向上とコスト低減に努めています。また、苗づくりの命である土づくりにもこだわり、生物性・化学性・物理性を熟慮し、オリジナル配合培土を生産しています。最新設備の導入で苗作りを進化させ、いかなる環境下でも良い苗をお届けできる「施設づくり」を行います。

施設の紹介

aa

苗生産温室

年間約2000万本のポット苗・プラグ苗を生産しています。
害虫の侵入を防ぐための防虫ネットや大量発注にも対応できるよう、ローリングシステムを採用し、作業効率の向上と品質管理の向上を図っております。

苗生産温室

谷換気式角パイプアーチ型ハウス(4連棟)
5棟 合計13,920m²
谷換気式角パイプアーチ型ハウス(9連棟)
1棟 5,400m²
単棟ハウス 11棟

プラグ苗温室 軽量H型銅山型ハウス(3連棟)
1棟 1,248m²
作業棟

作業棟

栽培品目(営利用・家庭菜園用苗)
■野菜接木苗 ■野菜実生苗 ■イチゴ苗 ■花壇苗・鉢花 ■プラグ苗
ナス・トマト・キュウリ・スイカ・ピーマン・ゴーヤ等を中心に果菜類から葉菜類まで多品目
種子・栄養系品種・球根・花木類
葉菜類・接木野菜苗・切り花苗・花壇苗・花木類

構造・設備 鉄骨造 平屋建 1棟 480m²
接木室、養生室、発芽室 播種ライン
プラグ苗温室 軽量H型銅山型ハウス(3連棟)
1棟 1,248m²
苗物部現場事務所

苗物部現場事務所

お客様からの注文管理・生育状況の管理・出荷のオペレーションなどを行っております。言わば苗物部の司令室です。

生産量
野菜接木苗 約200万本 野菜実生苗 約160万本
イチゴ苗 約10万本 花壇苗等 約180万本
プラグ苗 約1300万本(実生・接木野菜苗、花苗)
aa

用土ハウス

花の海特製培土の配合、出荷作業を行っております。
■バラ用培土
■花の海特製培土

生産量 (約2000トレー)

品質管理のための設備

底面給水装置
底面給水装置

炭疽病を防ぐため、底面より給水を行う装置。

防虫ネット
防虫ネット

病害虫の侵入を防ぐため、ハウスの壁面はすべて防虫ネットを設置。

発芽室
発芽室

接木苗の養生を行う設備。湿度、気温など養生に最適な環境が維持されています。

養生室
養生室

接木苗の養生を行う設備。湿度、気温など養生に最適な環境が維持されています。

自動播種機
自動播種機(ドラムシーダー)

播種作業を自動で行うため、非常に作業効率があがります。しかし若干の正確性に 欠けるという欠点があり。

手動播種機
手動播種機(ノズルシーダー)

自動播種機に比べ、作業効率は落ちますが目視による確認が行えるので正確性が高いです

覆土装置
覆土装置

播種後のトレイに土を盛っていくための装置です。空気を含ませながらふんわりと覆土が可能です。

潅水装置
潅水装置

品種によって最適な水分量になるよう調整を行いながら灌水作業を行える装置です。 ウリ科野菜は細菌病対策のため酢酸を灌水しています。

ムービングプールベンチシステム
ムービングプールベンチシステム

苗を育てる土台。プールベンチ自体がハウス内を循環し、ベンチごとの生育状況に応じた一括管理が実現。この規模の設備は国内でも数社しかございません。

プールベンチ
プールベンチ

花の海で花苗の栄養として液肥を使用しています。プールベンチでは一定の水張りが可能なため、植物の水分ムラを無くし、ポット内に同じ根域が形成できます。

カッティングマシーン
カッティングマシーン

バラ苗のピンチ作業に活躍します。 適度な水分量を確保しつつ、苗を一定の高さでカットします。カットした際に出る葉クズを吸引し管理をしやすくしてくれます。

自走式噴霧器
自走式噴霧器

広いハウス内の病害虫防除や液体肥料の葉面散布をするときに使用するマシンです。これにより、散布ムラなどが少なく均等な品質が保たれております。

電照装置
電照装置

24時間成長を促すため、夜間に補光を行うための装置です。この電照時間を四季にわたって調整することにより品質と生産時短が可能となりました。