西日本最大級のシステム農場【花の海】

西日本最大級のシステム農場【花の海】 お気軽にお問い合わせください【0836-79-0092】

ポットローズ

トップページ > 鉢バラ > ポットローズ

ポットローズ

鉢バラ部部長の石田です。
花の海のポットローズ

開始当初はプールベンチ3枚からスタートしたバラの育成も今では14500㎡の大規模生産まで成長しました。システム化による効率の良い生産・出荷とプロの目による厳しい品質管理が鉢バラ部門の強みです。ギフトやプレゼントとしてはもちろん、切りバラとは違う、育てる楽しさをぜひ感じてみてください。

取扱い品種

インフィニティ ピンク

インフィニティ ピンク

インフィニティローズシリーズは、直径約7cmの豪華なバラが、開花からなんと5週間近く美しさを保つという、驚きの花もちが特徴。インフィニティピンクはシリーズの中では唯一の濃い色をしたお花です。

カールトン・フォーエバー

カールトン・フォーエバー

カールトン・フォーエバーは生育が旺盛で花びらがスプレー咲きをしやい品種となります。デンマークで鉢花用に育種され、花が大きく美しく、樹形はコンパクトでヨーロッパでは大人気のポットローズです。連続開花性に勝れ、真冬と真夏は花数が減りますが、春先から晩秋まで咲き続けます。

エストリル

エストリル

花色はレモン色に近い黄から鮮やかな紅へのグラデーションカラー。葉の緑も明るく、花びらの形は丸弁。ポルトガルの王侯貴族の別荘地として名高いエストリル。 その名前を冠したエストリル・フォーエバーは華やかさと地中海の陽気を体現しています。

グラース・フォーエバー

グラース・フォーエバー

南仏の都市であるグラースの名を冠したフォーエバー香水の都と呼ばれる名前にふさわしくフォーエバーシリーズの中でも抜群の芳香を持つ品種


インフィニティ ホワイト

インフィニティ ホワイト

淡いグラデーションがかった白色が特徴。ンフィニティローズシリーズは、直径約7cmの豪華なバラが、開花からなんと5週間近く美しさを保つという、驚きの花もちが特徴。

プリンセス オブ インフィニティ

プリンセス オブ インフィニティ

プリンセスオブインフィニティは2012年に開催されたデンマークの花の祭典オデンセフラワーフェスティバルでメアリー皇太子妃が命名したことで一躍有名になりました。直径約7cmの豪華なバラが、開花からなんと5週間近く美しさを保つという、驚きの花もちが特徴。

モンテローザ

モンテローザ

ローズフォーエバーシリーズで最初に発表された品種。低温期はクリーム色ではなくアプリコットへ変色いたします。

モンテカッシーノ

モンテカッシーノ

モンテローザの突然変異品種。 冬季の低温期はピンクのグラデーションが美しい。


マルセイユ

マルセイユ

光沢のある葉とバラらしくない蕾の形状が人気の品種 つぼみが付きやすい。

バレッタ

バレッタ

ダークレッドな色合いでシックな印象を与える。2009年登録品種。

ナポリ

ナポリ

ブロンズカラーの変わった品種。デンマークの本家も生産中止をし国内生産で購入できるのは「花の海」だけ。

ダークサンレモ

ダークサンレモ

サンレモの突然変異品種 テラコッタオレンジで珍しい色合いの品種。


セビリア

セビリア

黄色→白(縁から色素が抜けていく)病害虫に強くつぼみが付きやすい品種。国内生産で購入できるのは「花の海」だけ。

エルパソ

エルパソ

花びらの表と裏で色合いが違うオレンジ大輪品種。国内生産で購入できるのは「花の海」だけ。

グリーンランド

グリーンランド

まさに純白という表現が似合う白バラです。深い緑の葉との相性が良い。

コペンハーゲン

コペンハーゲン

アンティークなピンクで人気の品種。国内生産で購入できるのは「花の海」だけ。


コーフ

花びらの縁がグリーンがかっており珍しい色彩の品種。国内生産で購入できるのは「花の海」だけ。

サニービーチ

サニービーチ

光沢のある葉で鮮やかな黄色の品種。

フジサン

フジサン

ミニバラですが驚くほど大輪の花を咲かせます。薄いサーモンピンク色。寒い時期はピンク色が強く、暖かくなるにつれ白色が強くなります。

モスクワ

モスクワ

2012年の新品種。 鮮やかな赤い花が特徴。やや小ぶりですが連続開花性に優れ、次々と開花してくれます。葉は照葉で花との対比が美しい品種。


マースランド

マースランド

2012年の新品種。 深紅の花色と優雅な花形が魅力。花弁の数が多くモンテローザを彷彿とさせます。葉は照葉で花との対比が美しい品種。


花の海で使用している鉢

花の海では主にスリット入りの鉢にてバラの栽培を行っています。
栽培する時期に応じて通常鉢、スリット鉢を使い分けて出荷を行っています。

スリット入りの鉢の特徴

水はけが良く、通気性が高いので根腐れの減少

理想的な根張りを実現でき、育成途中での鉢交換の必要が減る

苗の生育不良が起こりにくく、均等に育つ

水はけが良く、通気性が高いので根腐れの減少
理想的な根張りを実現でき、育成途中での鉢交換の必要が減る
苗の生育不良が起こりにくく、均等に育つ

※栽培する時期に応じて通常鉢、スリット鉢を使い分けて出荷を行っています。

生産から出荷まで

挿し木作業

鉢バラは一般的に栄養系の花木に属し挿し木作業により増殖生産しております。
機械化が進んでいる施設でもこの作業だけは手作業で丁寧に挿し木されております。

生産から出荷まで

一本一本丁寧に手作業でカットした挿し木の無駄な枝を落とします

生産から出荷まで

枝切りが完了した挿し木。これが育って見事なバラになるんです。

生産から出荷まで

栄養たっぷり特製の培土の詰まった鉢に挿し木を挿していきます。

 
生産から出荷まで

水分を保つため専用のビニールにてコーティング。眠った挿し木が一気に目覚め始めます。

生産から出荷まで

約1週間後、挿し木に新芽が出てきました。植物の生命力に感動です。

生産から出荷まで

約2週間後、ビニールから不織布にコーティングを変更し、外気に慣れさせるための順化作業を始めます。

 
生産から出荷まで

約3週間後、スクスク育った挿し木をピンチ。『ピンチ』とは育った苗をカットし新たな挿し木を作る作業行程です。

生産から出荷まで

花の海では、ピンチ作業にカッティングマシーンを導入。これにより、最適な水分調整と均一なカットが行えるようになりました。

生産から出荷まで

ピンチ後の新たな挿し木たち。水分を逃がさないようにビニールで覆い日付、品種ごとにまとめて管理します。

 
生産から出荷まで

まとめた挿し木を専用の冷蔵庫に入れ保管。5℃以下の温度で3時間保管することで、挿し木たちを眠らせます(気胞を閉じさせる)

生産から出荷まで

ピンチ後のバラ苗たち。しっかり根が張っているのでこのぐらいじゃへこたれません。これからピンチ作業をもう1回経験します。

生産から出荷まで

2度のピンチを終えたバラ苗たち。生育が遅れている部分を一本一本手作業で剪定。品質を均一にそろえる大切な作業です。

 
生産から出荷まで

品質が均一に保たれたバラ苗たち。ここからさらに成長して立派なバラになるんだよ^^

生産から出荷まで

成長に合わせてスペースを確保。自動のプールベンチが十分な栄養を常に届けてくれるから丈夫で綺麗な苗に育ちます。

生産から出荷まで

約2か月後の苗、つぼみもついてすごく元気な状態です^^みんなのもとに開花寸前に届くようこの時期から出荷作業に入ります。

生産から出荷まで

エアーで落ち葉や無駄な土を飛ばして、出荷前の最後のお化粧。プロの目で一鉢ずつ検品を行ってます。

生産から出荷まで

お化粧が済んで出荷を待つバラたち。ズラっと勢揃いした姿は圧巻です。バラの良い香りが苗たちの元気の良さを感じさせてくれます。

生産から出荷まで

苗専用の配送箱に入れ出荷します。これから数日後にみんなのもとに到着。ウチの子たちをかわいがってあげてくださいネ^^♪

メール問合せはこちら